Archive for category 映画・DVD・テレビ感想

映画 清須会議 感想

久しぶりに、普通に人に勧められる映画だ。これは、率直にヒットして欲しい。もう、キャスティングが最高でした。最近の三谷作品っぽく、登場人物多めで、とっちらかるかと思ったけど、監督自身が「コメディは作らなかった」といい、史実であることから、とっちらかることもありませんでした。(ちなみに、ザ・マジックアワーで、うーん、と思ってしまって、ステキな金縛りは見ていないです。)

役所広司は、柴田勝家にしか見えなかったし、小日向文世は、丹羽長秀だったし、何よりも大泉洋が、最高の羽柴秀吉でした。「あぁ、こういうイメージであって欲しい」っていうキャラクターでした。しばらく、これ以上の秀吉は出ないでしょ。

それ以外も、中谷美紀が普段のイメージと違って、はっちゃけていて、良かったなぁ。鈴木京香のお市の方もいい感じだった。作品中の笑いも、ほどほどっていうか、自然な面白さで素直に笑えた。

これは、観て損はないと思います。イケメンの戦国モノではないけど、戦国モノのキャラが生きています。

Tags: , ,

映画 人類資金 感想

グランド・イリュージョンと同じ日に見たのが、この人類資金。ちょっとネタバレ含みそうなので、引き続き、改行多め。

こんなもんで。

森山未來は凄かった。彼のアクションとか、日本人じゃない設定をこなしているところだけでも見る価値はある。

でも、人に「面白かったよ、見たほうがいいよ」とは勧めづらい。理由は、恐らく予告とかを見て期待した内容が、オチにうまく繋がっていないと思うから。誰だって、10兆円を使って、どう世界を変えるのか?を見たいわけですよ。

でも、途中から10兆円の必要性がよくわからなくなります。実際、50億しか使ってないし、ルール変わっていないし。せめて、このオチぐらいはびっくりさえて欲しかった。

あと、人物関係が分かりにくかった。香取慎吾は仲代達矢の子なの?孫なの?見た目的には、孫の方が分かりやすくない?でも、子なんだよね?観月ありさが追いかける理由もよく分からないしなぁ。

もっと言えば、作中でわざわざ「スマートフォンにはしないで、PDAです。」って言っておきながら、通信機能が内蔵されているんだよ。だったら、スマートフォンで良いじゃない。10兆円使って、通信衛星使ったネット回線が利用できるから、辺境の地でも使えますとかで良いじゃない。

多くの国の人達に、教育を充実させる投資をすれば。っていう理屈なんだけど、それは正しいと思うけど、やっぱりそれを要らないと思っている、作中での「悪」がいるわけだから、もっとはっきりと勧善懲悪な部分を見せて欲しかったなあ。

映画 グランド・イリュージョン 感想

ちょっと前に、映画を見たので、その感想を。

まずは、グランド・イリュージョン。一応、直接的なネタバレはしないつもりだけど、念のため多めの改行。

こんなもんかな。

稚拙って言えば稚拙なストーリーだと思うんですよ。よくあるタイプだと思うし。でも、俺は結局パーカーの人が誰かを最後まで確定できなかった。しかも、一番予想していなかった人だったし。だから、割と楽しめたんですよね、映画として。

そのネタをできるだけ気づかせないようにしたってのは、映画で言うところのミスディレクションをやっていて、それは結局のところ主人公がミスディレクションなんですかね。

でもまぁ、4人組の犯行内容が、あまりにご都合主義な成功のさせ方だったので、そこが微妙なところっていう感じはしてしまいます。

映画 アイアンマン3 感想

本日最後の映画は、「アイアンマン3」。一応アベンジャーズを、事前にiTunesで見ておいた。見てなくても大丈夫だろうと勝手に思っていたけど、うーん、なんか結構話を繋げているな。

ま、とにかく、かっこいいを頭空っぽに見ることができる作品です。考えすぎてはいけません。まぁ、ラストは「続編とか、アベンジャーズ2とかどうするの?」とは思ったけどね。

最後の最後で、ペッパー・ポッツに持っていかれている気がするけど、それで良かったのだろうか。まぁ、そういうのも含めて、アイアンマンの楽しいところか。

今日は4本映画観たけど、どれも個性的で面白かった。まだまだ新しい映画が公開されるから、楽しみだ。にしても、邦画が面白いなぁ。

Tags: ,

映画 図書館戦争 感想

三本目は、「図書館戦争」です。まさに図書館でこの本を借りて読みました。その後、アニメとか最近は漫画にもなったみたいですけど、とうとう実写映画化。雑誌のダビンチで、実写化するなら誰がいい?というキャスティングの1位同士だったらしいです。

アニメは、YouTubeで公式に見ることができるので、そちらもぜひ。)

確かに、このキャスティングを見て、基本的にはベストだなと。まぁ、小牧だけがね、ちょっとどうかなぁとか思ったりもしますけど。アニメを見ている影響が少し大きいかな。もうちょっと笠原の榮倉奈々にコメディっぽいリアクションして欲しいと思ったりとかもしたけど。あとは、柴崎がというか、栗山千明がなんかいいキャラだなぁ。

もう少し「ニタニタ」の恋愛要素があって良かったのでは?と思うほど、戦闘シーンが派手で凝っています。やっぱり、有川浩作品だから、自衛隊とか協力したのかな。とにかくその視点で見ても迫力があって面白かった。堂上役の岡田准一のアクションもさすがだ。続編ありそうだな。

Tags: ,

映画 藁の楯 感想

二本目は、「藁の楯」これ、見る前は三池監督だし、エグいのかな、ちょっと見終わった後気分落ちるかなとか思っていました。結論から言うと、確かにエグい部分もあるけど、何より最後まで、手に汗握るという感じが久しぶりにしました。サスペンス物とか好きなら、ありだとは思います。

10億円で、人を殺してくれ。10億じゃ人は殺さないよなぁ。と思った自分は、「幸せ」なんだろうなと思いつつ、逆にお金のもつ意味とか、いろいろ甘ちゃんなのかもしれないとも思った。

例えば最初に殺された子の親だったりとかしたら、ああいう感じに近づけるのかなぁ。無理だろうなぁ、もっと短絡的に殺しに行くような考えになってしまうかもしれない。

裁判員裁判とか、冤罪とか、報道とか、考えても答えが出ないような気もするけど、考えてしまう映画だったかもしれない。

Tags: ,

映画 舟を編む 感想

久しぶりに映画館ひきこもり。んで、ブログに感想を書くのもちょっと久しぶり。ちょいちょい見ていたんですけどね。ということで、1本目は「舟を編む」評判は良かったのですが、最初はどちらかと言うと恋愛物に近いのかなぁと、あんまり興味なかったのが正直なところ。

実際見てみたら、すごい「熱い」人たちの映画だった。こういうのをみると、松田龍平演じる主人公に、下宿先のおばあちゃんが「一生の仕事を若いうちに見つけられるのは幸せなことだ」というのはグッとくるし、辞書の監修をやっている先生の熱い思いで語ったり、取り組んだりしている姿勢。何より、主人公が人と関わる姿が、やはり熱い思いがあるからこそ、周りが感動し、賛同する。そういうのが作品としての共感を得ているんだろうな。

ああいう人と働きたい。ではなく、自らも仕事に取り込む以上、ああいう姿勢をまなび、そうならなければならないんだろうな。恋の話もあったけど、どちらにせよ「夢中」になることはいい事ですな。

映画館は、割りと高齢の人が多かったけど、社会人以上であれば、いろいろ考えて得るものがある作品だと思います。個人的には、池脇千鶴を久しぶりに見れたのが良かった。加藤剛をはじめ、演技派の人が多かったなぁ。黒木華って女優さんもいい感じだった。

Tags: ,

映画 夢売るふたり 感想

で、最後は21:15から「夢売るふたり」です。予告見て気になっていたのですが、西川美和監督作品なのですが、女性の監督作品ってのは、エグいですね。俺が偏見でモノを言っている気もするけど、そう思いました。松たか子ファンは、この作品を観たほうがいいのかどうか。結構ビックリするシーンが見れますよ。俺には最初なんだか分からないシーンとかありましたから。

居酒屋の夫婦が、火事をきっかけに夫婦で結婚詐欺をするというそれだけで面白そうで、本当にこれも結末がどうなるのか全く分からなかった。ある程度、人間を描くんだろうなという気はしていたけど。とにかく、松たか子がおっかないです。告白の松たか子も怖かったけど、こっちはなんだろうね、女の人としての怖さか。

これ、結婚詐欺として女性がダマされる方を描いているけど、ぶっちゃけ逆にやられたら、俺は同じようになるかもしれない。でも、お金を出すかどうかはうーん。そこがなんか違うところなのかな。とはいえ、結婚に悩む田中麗奈の言葉とか、結構ずっしり来ましたよ。

この日は5本映画を観たけど、なんだか概ね「女性は強く、男は馬鹿だな」という共通のテーマがあったように思えます。んで、午後の3本は結婚や家族を扱っていて、それがなんだか自分にはずっしりきましたね。

Tags: , ,

映画 鍵泥棒のメソッド 感想

18:50から四本目、本日の本命である「鍵泥棒のメソッド」。今、個人的には絶対外さない監督、内田けんじ監督作品です。いやー、やっぱり今回も面白かった。個人的に好きな映画の基準って「ラストシーンが予想できるか?」なんですけど、それがギリギリまで分からなくて、やっぱり良かった。全く分からないではなく、最後の方になると予想はつくんだけど、それがなんとなくニヤニヤ感を誘って、面白いんだよね。(あ、ちなみに微妙に予想は外されました。)

メインの堺雅人、香川照之、広末涼子、この3人が本当にいい感じで。やっぱり「上手い役者」っていう感じがよく出ています。これだけパンフレットを買って、そこでもかいてあったんだけど、広末涼子が普段とは違う感じのキャラで、それもまた良かった。これも、女性がある意味強い作品です。

人生が入れ替わる。でも、人の本質は何も変わらず、自分の出来ることで前向きに。香川照之演じる殺し屋が、記憶喪失から立てなおそうとしているところが、グッときました。広末涼子の編集者も真面目にとにかく取り組んでいるところが、自分なんかは尊敬するし。堺雅人の売れない役者は、なんだか自分をみているようです。そういう意味でも、見ていていろいろ考えたりしてしまう作品なんだろうな。

作品として、とにかく見ていて、楽しい。そして、もう一回見直したい作品ですよ。ということで、ブルーレイの購入決定です。早く出ないかな。

Tags: , ,

映画 おおかみこどもの雨と雪 感想

16:15から三本目は、「おおかみこどもの雨と雪」です。個人的に予想はしていましたが、案の定泣きました。トイ・ストーリーもそうだったけど、こういうのは弱いな。

普通の親子ものとして考えれば、そんなに目新しいものでもないと思う。でも、そこに狼男の子供というアニメ的なエッセンスが入ったので、親の抱える不安や悩みがより明確に作品に投影されて、たぶん見ている人の心を揺さぶるんだろうなぁ。

自分自身は独身だし、親の気持は分からないけど、妹が結婚し子供を最近生んだので、その苦労も少し見ているし、自分の両親の心境がああいうものだったのかと思うと、やっぱりグッとくるものがありました。「母は強し」というのをまじまじと見せつけられ、やっぱり両親を考えてしまいますね。

もう公開されているのに、親子連れとかずいぶんお客さんも入っていました。周りでも割と泣いていたな。とりあえず、DVDとかブルーレイが出たら買おうかな。

Tags: , ,